株式会社間島宣伝事務所

BLOG

mashima

仮想空間サービス「メタバース」

メタバースとはインターネット上の仮想世界・仮想空間サービスの総称です。

利用者が仮想世界・仮想空間で活動できます。

利用者はアバターと呼ばれる分身を操作して空間内を移動して他の参加者と交流ができたりサービスを利用できたたりします。

つまり仮想空間サービス「メタバース」であらたなビジネスが生まれると世界で期待が高まっています。

例えば

・臨場感のあるコミュニケーション

・仮想空間でイベントに参加

・より現実に近いショッピング

・デジタルコンテンツを売買

・仮想空間上の土地も売買

・バーチャル音楽ライブ

・バーチャルオフィス

など

その中でも分かりやすいのは、都市連動型メタバース「渋谷区公認バーチャル渋谷」です。
渋谷の仮想空間で野球を観戦できたり、ホールでライブに参加できたりなどできます。

今後各地域でもこのようなコンテンツが展開され、バーチャルでローカルビジネスが展開できるのではないでしょうか。
マーケットプレイス(売買プラットフォーム)を展開する暗号資産関連事業4社が日本メタバース協会を設立というニュースもありました。
以前のblogでお伝えしたデジタル資産「NFT」もこういった仮想空間の中で安全な収益性として活用されていきます。

デジタル資産「NFT」の解説
https://msjsenden.com/blog/nft/


デバイスとして必要になるVRも今後シンプルに利用できるようになってくるはずです。

現実的な仮想空間、現実では叶わない夢の仮想空間など、メタバースは妄想は広がりますね。

イメージ写真です